広告の激安SSDに要注意!容量詐欺やUSB偽装の可能性大!

最近、TwitterやFacebook、インスタなどで、「外付けSSD 6490円」や「外付けSSD 4TBで6790円」 などと表示された広告を見る機会が多くなっています。この広告のリンク先では実際にSSDが激安で売られていますが、以上に安い値段で売られていることもあり、怪しく見えます。また、実際に購入した報告はあまりないため、買うのが怖いと思われる方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では、広告の激安SSDは買っても大丈夫かについて紹介していきます。

広告の激安SSD(4TB・6790円)とは?

激安SSDの広告には、以下のようなものがあります。

このような広告には不自然な日本語(画像の場合は「外付けSSDで」)が含まれていることがあり、怪しく見えます。

また、激安SSDの販売ページは以下のようになっています。

例えばこのサイトでは、1TBのSSDを6490円、4TBのSSDを6790円で販売しています。特に4TBのSSDがこの値段で売られていることはまずありえない(内蔵SSDでも相場は4万円以上)上に、通常価格として表示されている値段も相場より格段に安いため、非常に怪しいです。

↓正規品のSSD(4TB)の例(2021/9/24時点で40,384円)

激安SSDは買ってみても大丈夫?

以下では、激安SSDが信頼できるかについて調査した結果をまとめています。

容量は正しい?本当に4TBか?

先程のSSDについて調査を進めると、この記事で紹介したSSDと同じモデルのSSDを購入し、中身を検証したという内容のYouTube動画(英語)を見つけましたので、以下に掲載します。いわゆる「買ってみた」動画ですね。

この動画の投稿者は2TBの激安SSDを購入したようです。このSSDのPC上での表示は2TBでしたが、実際には48.5GBしか容量がないことが検証によりわかっています。つまり容量詐欺を行っていることがわかります。

悪質な点は、実際の容量を使い切らない限りは普通に使えてしまうということです。そのため、容量詐欺に気づかず使ってしまうという例がを絶ちません。

中身はSSDか?

先ほど掲載した動画内には、SSDを分解して中身を確認しているシーンがあり、そこで中身はUSBメモリであることが判明しています。USBメモリは一般的にSSDよりも転送速度が遅いため、

以上より、そのため、広告の激安SSDはもれなく容量詐欺を行っており、中身もSSDではない偽物であると言っても良いでしょう。

そもそも、販売しているサイトがヤバすぎる

このようなSSDを販売しているサイトには多くの不自然な点があります。一例として、

  • 日本語が不自然である
  • レビューがすべて自作自演
  • ポップアップで表示される購入情報もすべて自作自演
  • 会社概要が書かれていないことがある

ということが挙げられます。

このようなサイトについては、既存の記事でも紹介しています。以下の記事も参考にしてください。

激安SSDを販売しているサイト一覧

中国系サイト

激安SSDを販売しているサイトの一覧は以下のとおりです。なお、これらのサイトはすべて同一の会社が運営している可能性が高いです。

  • fiysimart
  • loiitishop
  • chenohot
  • lampernm
  • zeikol
  • coloaa
  • yohibuy
  • mattge
  • loorain
  • ckeebuy

これらのサイトは、SSD以外にもさまざまな粗悪品を販売しているため、要注意です。

楽天市場の出品者一覧

激安SSDは、楽天市場内の以下に挙げるショップから出品されています。

  • P&T楽天市場店
  • クィーンズ
  • KIMIPLUS
  • ANYMINA楽天市場店

まとめ

広告で見るような激安SSDは容量を偽装しており、中身もUSBではないため、非常に悪質です。そのため、このようなSSDを広告で見かけても絶対に購入してはいけません!また、今後相場より異常に安い商品を見かけた場合には、必ず疑うようにしましょう。

もし購入してしまった場合は、即時にメール等でキャンセルを求めるようにしましょう。

2021年9月27日通販中国系,偽物,広告

Posted by Default