Twitterで知らない人からフォローされにくくなる方法

Twitterをやっているとあまり好ましくないアカウントからフォローされることってありますよね。また、そもそも友達以外からはフォローされたくないという方もいるでしょう。そこで、今回はTwitterでフォローやフォローリクエストをされなくなるための方法を解説していきます。

方法

アカウントを非公開にする

アカウントを非公開にすればいきなりフォローされることはなくなります。

しかしながら、非公開アカウントにしてもフォローリクエストを送られるという可能性があります。その場合は以下の方法を試してみてください。

また、アカウントを非公開にしたくない場合はこの方法は使うことができません。

プロフィール欄に文言を加える

Twitterにはプロフィール欄がありますが、そこに例えば「フォ"口"ーしないで」、「知り合い以外はフォ"口"ーNG」などといった文言を書きます。

ここでのポイントは、「フォロー」ではなく「フォ"口"ー」(カタカナの"ロ"ではなく漢字の"口")にすることです。これにより、プロフィール欄に「フォロー」という文言が入っているアカウントを自動でフォローするような下図のようなアカウントからのフォローを防止することができます。

また、鍵アカウントの場合は、「フォ"口"リクは一切受け付けません」などという文言を入れると効果的です。

この文言を加えることは、下の画像のようなアカウントからフォローされるのを防ぐのに効果的です。

注意

ただし、アカウントを公開している場合、この方法で自動でフォローを飛ばすアカウントからフォローされなくなる事はあっても、逆にいたずらでフォローするアカウントが増えることもあります。そのために、特定の人以外からはフォローされたくない人は鍵アカウントにした後に、上記の文言をプロフィール欄に書くと良いでしょう。

それでもフォローされる場合は

もしそれでも特定のアカウントからフォローされるようであれば、アカウントをブロックして、すぐにブロック解除しましょう。それでも改善されなければ再度そのアカウントをブロックしましょう。これで自分がブロックを解除するまではフォローされる心配はありません。

まとめ

Twitterでフォローされないようにするには、非公開アカウントにすることが最も効果的です。そこからプロフィール欄に少し文言を加えれば、フォローされることは少なくなります。また、この方法を使ってもフォローやフォロリクをされる場合は、ブロック機能を利用しましょう。

2020年5月16日インターネットTwitter

Posted by Default