引用リツイートの「通知はまだ届いていません」とは何?

Twitterには引用リツイートという機能があり、2020年10月にはリツイートボタンを押した時、引用リツイートとして文章を打ち込むような画面が出るように仕様変更されたことが話題になりました。ところで、引用リツイートされるとその数が表示されますが、それをタップすると、「通知はまだ届いていません」や、「ツイートはまだありません」と表示されることがあり、引用リツイートのコメントが見れないことがあります。そこで、この記事ではその原因などについて解説していきます。

このエラーについて

このエラー(?)は、iPhoneやパソコンなどで、ツイートが引用リツイートされた数(「○件の引用リツイート」と書かれている箇所)をタップすると表示されることがあります。通常の場合、これをタップすると引用リツイートのコメント一覧が表示されますが、この場合は「通知はまだありません」と表示され、コメントが表示されません。

なお、Androidアプリの場合は、代わりに「ツイートはまだありません」というエラーが出ます。

「1件の引用リツイート」をタップ
「通知はまだ届いていません」と表示される

これを見たときに、何らかのバグが起こっていると思う人は多いと思います。しかし、実は何らかの理由により、引用リツイートがされているのにこのような表示が出ることがほとんどです。その理由を次の節で紹介します。

「通知はまだ届いていません」が出る原因

「通知はまだ届いていません」が出る原因は、主に以下の4つです。

  • 鍵アカウントなどから引用リツイートされた
  • 引用リツイートされたツイートの投稿者を、自分がブロックしている
  • センシティブと判定された画像や動画がツイートに含まれている
  • リツイートが撤回されたが、ラグやサーバーの不具合によりリツイートされているように見えている

以下ではこれらについて具体的な解説をします。

鍵アカウントなどから引用リツイートされた

引用リツイートをしているアカウントが、鍵アカウントなどの場合に、この表示が出ます。具体的には、以下のようなアカウントからの引用リツイートがある場合にこの表示が出ます。

  • 鍵アカウント
  • 「自分が」ブロック・ミュートしているアカウント
  • 「自分を」ブロックしているアカウント
  • 「ツイートの投稿者」がブロックしているアカウント

なお、この条件に該当しない引用リツイートが1つでもある場合には、「通知はまだ届いていません」というエラーが出なくなります。

引用リツイートされたツイートの投稿者を、自分がブロックしている

自分がブロックしているアカウントのツイートはタイムラインなどでは非表示になりますが、表示ボタンを押すとツイートを見ることができるようになります。しかし、そのアカウントのツイートについた引用リツイートは自動で非表示になります。

センシティブと判定された画像や動画がツイートに含まれている

Twitterでは、画像や動画がセンシティブであると判定された場合、自動で「このメディアは、表示しないように設定したコンテンツが含まれているため表示されません」という警告を表示する機能があります。この機能によってセンシティブ判定が付けられたツイートについては、たとえ公開アカウントからの引用リツイートがある場合でも、それらを見ることができなくなります。

なお、「ツイートするメディアをセンシティブな内容を含むものとして設定する」という設定をオンにしている場合でも、実は画像ごとにセンシティブ判定がなされています。そのため、この設定をしているアカウントでセンシティブ判定を受けない画像をツイートした場合は、引用リツイートの内容を見ることができます。

引用リツイートが削除されたが、ラグやサーバーの不具合によりリツイートされているように見えている

引用リツイートが撤回された場合、普通はリツイート数が減少しますが、ラグやサーバーの不具合により、引用リツイート数が減らずに表示されたままになることがあります。この場合、引用リツイートを行っているアカウントはすでになくなっているので、引用リツイートの内容が表示されません。

まとめ

「通知はまだ届いていません」は、鍵アカウントやブロックされているアカウントから引用リツイートがされた場合や、画像がセンシティブ判定を受けた場合に表示されることがあります。これが表示された場合にはできることはないため、この表示はあまり気にしないほうが良いでしょう。

2021年7月13日インターネットTwitter,リツイート

Posted by Default