YouTubeで”Something went wrong”が出る原因とは?

YouTubeは現在ではほとんど誰でも知っているようなサイトで、毎日多くの人が訪問します。しかし、YouTubeにアクセスしようとすると、"Something went wrong…"という文とともに猿のイラストが表示され、動画が見れなくなることがあります。そこで、この記事では、YouTubeで"Something went wrong"という謎のエラーが出る原因について紹介していきます。

“Something went wrong"とは?

“Something went wrong"とは、パソコンやスマホのブラウザ(SafariやChrome)などでYouTubeにアクセスしようとした際に、何らかの問題が発生した場合に出るエラー表示です。実際の表示は以下の画像のようになっています。なお、スマホのYouTubeアプリからアクセスしようとした場合は、別のエラーが出ます。

画面の構成としては、"Something went wrong…"という文の下に、猿のイラスト、その下に検索欄とYouTubeのロゴが表示されており、それ以外はなにもありません。

なお、この検索欄に何かを打ち込んで検索しようとしても、再びこの画面が出てしまいます。

原因

YouTubeの"Something went wrong…"は、サーバーエラーもしくはサーバーダウンが原因となっています。

更新をすると解決する場合がありますが、何度やっても解決しない場合は、サーバーがダウンしていると考えて良いでしょう。その場合は、Google側がサーバーを復旧させないとこのエラーが消えないので、ユーザーの側はどうすることもできません。

また、YouTubeにアクセスできない時には、同時にGmailやPlayストアなどにも接続できなくなることが多いです。これは、同じシステムを使用していることが要因です。

まとめ

YouTubeで"Something went wrong"が出る原因は、一時的にサーバーがエラーを出しているか、サーバーがダウンしていることです。この状態に遭遇した際は、一度更新をすると解決することがありますが、解決しない場合、自分たちが何かすることができないため、サーバーが復旧するまで数時間から数日程度待つ必要があります。

インターネット

Posted by Default